未来の食

食用コオロギの栄養価!粉末なら食べられる!?コオロギレシピの可能性は無限大!

少し先の未来。

 

確実にやってくるであろう昆虫食の時代!

 

今回は食用として注目を注目を集めつつあるコオロギについて見ていきます!

 

食用コオロギの驚くべき栄養価

 

そして粉末にした食用コオロギを使用した魅力的なレシピの可能性に迫ってみたいと思います。

 

食用コオロギの栄養価がすごい!?

こ、コオロギ・・・!気持ち悪っ!!

 

と悲鳴を上げる時代はもうすぐ終わりを迎えるのかもしれません。

 

今食用のコオロギは未来に待ち受ける食糧難解決の有力な新食材として注目を集めつつあります。

 

驚くべきはその栄養価!

 

詳しく見ていきましょう!

 

食用コオロギに含まれる栄養素

コオロギには以下の栄養素が含まれています。

 

  • タンパク質
  • カルシウム
  • アミノ酸
  • 鉄分
  • オメガ3脂肪酸

 

ちょっとイメージが湧きづらいと思いますので、これらの栄養素を通常の食事で摂取する場合に置き換えて考えてみます。

 

通常の食事で上記の栄養素を摂取する場合、、、

 

  • たっぷりの牛肉
  • 牛乳
  • ほうれん草
  • クルミやサンマ、アジなど

 

などなどの食材をしっかりと摂っていく必要がありますが、なんとこれらの栄養素はコオロギを食べることで全て賄うことができるのです!!

 

最近ではコオロギバーという商品も世に出始めているようで、近い将来忙しい社会人の栄養補給に欠かせない食材の一つになってくるかもしれません。

 

コオロギに含まれる栄養素の体へのメリット

もう言わずもがなかもしれませんが、先ほど述べた栄養素が私たちの体に与えるメリットについても簡単にまとめておきますね。

 

タンパク質とアミノ酸

人間のカラダは約20%、水分を除いた固形分の約50%がタンパク質でできています。
私達ヒトのカラダの中には、約10万種類のタンパク質があると言われています。
肌や毛髪、筋肉や骨・内臓、それ以外にも、カラダの中では赤血球や白血球、ホルモン、等々…。 体の中のほとんどのものは、タンパク質抜きではできないのです。
このタンパク質は、アミノ酸がつながってできたものです。そして、これら約10万種ものタンパク質は、たった20種類のアミノ酸からできています。
私達が、いや地球上の全ての生物が生きていく上で、アミノ酸は無くてはならないものなのです。

引用:https://www.ajinomoto.co.jp/

 

カルシウム

カルシウムは、骨や歯の主要な構成成分になるほか、細胞の分裂・分化、筋肉収縮、神経興奮の抑制、血液凝固作用の促進などに関与しています。

引用:https://www.tyojyu.or.jp/

 

鉄分

 体内の鉄は、その約70%が血液中の赤血球をつくっているヘモグロビンの成分になっていて、約25%は肝臓などに貯蔵されています。ヘモグロビンは、呼吸でとり込んだ酸素と結びつき、酸素を肺から体のすみずみまで運ぶという重要な働きをしています。

引用:http://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_10.html

 

オメガ3脂肪酸

最新の研究で、くるみなどの植物由来のオメガ3脂肪酸を摂取すると、全死因死亡リスクを低下させる効果があることがわかりました。また、脂肪が豊富な魚類から得られる海洋由来のオメガ3脂肪酸が、心臓血管疾患による死亡リスクを下げることが明らかになりました。
さらに、植物由来と海洋由来、2つのタイプのオメガ3脂肪酸を含む食事を摂った場合には、その相乗効果によって、全死因死亡リスクに対するより高い予防効果が観察されています。

引用:http://www.californiakurumi.jp/

 

どれも人間の体を作る、または健康に保っていくうえで欠かせない栄養素と言うことが分かりますね!

 

食用コオロギの粉末を使用した斬新なレシピをリサーチ!

 

栄養価が高いのは分かったけど、でも見た目が・・・

 

そのお気持ちは分かります!

 

おそらくまだ私達日本人にとってコオロギなどの昆虫を食べるという文化が根付くには、もう少し時間がかかるのではないかと思います。

 

きっと何でもそうですよね?

 

例えばエビだってそうなのかもしれません。

 

今でこそ全く抵抗は無いですが、良く見て下さい。

 

 

これですよ?

 

この画像を見て『美味しそう・・・』と思えるかどうかはもう文化的背景があるとしか言いようが無いですよね?

 

昆虫もきっとそうです!

 

いずれは受け入れられる日がやってくるでしょう。

 

ですがその前に、見た目の抵抗感がある現在においてもコオロギを食べやすくする工夫、その研鑽を重ねていらっしゃる方々がいます。

 

一見分からない!?コオロギを使用したグラノーラ

出典:https://cdn.shopify.com/

 

こちらはアメリカの商品です。

 

その名もseek food

 

パッケージではコオロギとは分かりませんね。バナナやアーモンド、はちみつなど様々なフレーバーが用意されています。

 

中身の画像はこちら。

 

出典:https://cdn.shopify.com/

 

ちょっとしたおしゃれな朝食にしか見えません。

 

先ほど述べたように栄養価が非常に高いのでおやつ代わりに食べるという方が増えてきているそうですよ!

コオロギラーメン

出典:http://100banch.com/

 

なんと続いてはラーメンです!

 

アクセント的にコオロギそのものがトッピングされているのはちょっと気になりますが、コオロギラーメンとはその名の通り

 

コオロギで出汁を取ったラーメン

 

です。プロジェクトを手掛ける100banchが開催したイベントではコオロギラーメンの驚きの美味しさが大反響を巻き起こしたとか。

 

Twitter上にこんなコメントも。

 

これまでずっとコオロギについて書いてきましたが、私自身も少しずつ昆虫食のイメージが変化しつつあります。

 

まとめ

 

未来の食材、食用コオロギについてまとめます!

 

  • 食用のコオロギには驚くべき栄養価がある
  • 食用のコオロギに含まれる栄養素はタンパク質・アミノ酸・カルシウム・鉄分・オメガ3脂肪酸
  • 上記の栄養素は人間の体を作り、健康を保っていくうえでは欠かせないもの
  • 見た目の抵抗を無くすために様々なレシピの工夫を行っている人たちがいます
  • コオロギのグラノーラやコオロギラーメンなど、コオロギレシピの開発は今後どんどん進んでいくでしょう

 

いかがでしたでしょうか?

 

コオロギについてのイメージが少しずつ壊れてきたのではないかなと思います。

 

 

え、まだ?

 

 

でもそれはしょうがないですよね。少しずつ私達日本人の食事にも昆虫食が根付いてくる日がやってくるでしょう。

 

ミライニナウ世代の皆様、ワクワクする未来を想像していきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

ABOUT ME
ミライマ
『ミライニナウ』運営者のミライマです!当ブログは少し先の未来を想像して『今から備えなければいけないこと』や『今からワクワクするような未来』についてリサーチ・情報提供を行っていきます。少し固いイメージがあるかもしれませんが『今のうちに知っておくとちょっと得する』情報をお伝えできればと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください