将来のお金

台風・水害に使える保険の種類は?自然災害に備え家や財産を守るために。

こんにちは!『ミライニナウ』運営者のミライマです!

未来担う世代の私達が今から考えておかなければいけないこと。

 

今回のテーマは『自然災害』です!

 

2018年は自然災害の年と言っても過言ではないくらい、様々な災害が私たちの住む街を蹂躙していきました。

 

特に9月初旬に関西方面を襲った台風21号の猛威は関東に住む筆者でさえ恐怖感を覚えたほどです。

 

今回はもし私たちの住む町が再び台風に見舞われ水害や風災に合ってしまった時のための備えとして、台風保険や水害保険についてリサーチしてみたいと思います。

 

台風による風災や水害に保険は使える?

イマさん
イマさん
台風保険?そんなものがあるのか!
ミライマ
ミライマ
実は台風保険という名前の保険は存在しないんですが、火災保険が台風や水害の補償をしてくれるんです!

台風による風災や水害を補償するのは火災保険

意外とご存知ない方が多いのかもしれませんが、台風による水害・風災等を補償してくれる保険は火災保険が主な商品となります。

以下は損保ジャパン日本興亜の火災保険『THEすまいの保険』の補償内容です。

 

出典:https://www.sjnk.co.jp

 

上記の通り、火災保険の多くは火災以外の様々な災害や事故に対して補償してくれるため、台風などの自然災害の備えとしては是非加入しておきたい保険です。

火災保険は商品によって補償範囲が異なるので注意が必要

但し、全ての火災保険の商品が風災や水災などの被害を補償してくれるわけではない点は注意が必要です。

以下はネット保険のSBI損保の火災保険の内容です。

 

出典:https://www.sbisonpo.co.jp

 

選べるタイプの保険の場合、加入時には『できるだけ安く!』という発想で基本部分しか補償しないプランで申し込んでいる可能性もあります。

 

上記の保険の場合、基本部分しか加入していない場合は水災や風災は補償範囲外となってしまいます。

 

既に火災保険に加入されているとしても、今のうちに一度は補償内容の確認をしておくといいかもしれません。

 

また台風で壊れた建物の被害は補償してくれたとしても、家の中にある電化製品や家具(家財)などの破損は補償してくれないプランというのも存在しますので、その点もしっかりチェックしておきましょう。

台風の被害で火災保険を!こんな場合は使える?使えない?誰が使う?

では続いて火災保険に関連する様々なケースについて見ていきましょう。

賃貸物件の場合の火災保険は?

これ、今回の台風21号の際にも頻繁にあったケースではないかと思います。

 

すなわち、あなたが賃貸住宅に住んでいて台風被害にあった場合、その補償は誰の保険によって行うのかというケースです。

 

結論から申し上げるとこのようなケースの場合は貸主、つまり大家さんの火災保険によって補償されることが多いようですね。

 

以下のtweetは9月4日の台風21号関連のものですが、非常に参考になる情報が載っています。

 

賃貸の場合はまずはしっかりと現場の状況を写真に収めたうえで大家さんに報告、という流れのようですね。

 

また今回の台風でも実際に火災保険を使用して保険金が下りた方もいらっしゃるようです。

 

台風によって自宅の車が破損した場合の保険は?

イマさん
イマさん
家に停めてある車が台風でやられた!これは火災保険が使えるじゃろ!
ミライマ
ミライマ
うーん、この場合は火災保険は使えないケースが多いようですね。

上記のようなケース、火災保険が使えそうな気がしてしまいますが、このような場合は自動車保険の方で補償されるようです。

 

但し、火災保険と同様に自動車保険の方も台風による損害を補償の対象としていない車両保険も存在しますので、注意が必要です。

まとめ

今回は台風の水害や風災に使える保険の種類について見てきました。

最後に内容を振り返ってみたいと思います。

台風被害に備える保険

  • 台風による水害や風災を補償してくれる保険は火災保険
  • 火災保険の補償内容は商品によってバラバラなので注意が必要。特に保険料をかなり安く設定している場合は、台風被害は補償範囲外になっている可能性もあるため一度確認をすべし!
  • 火災保険は建物の被害のみを補償するものと家財も含んで補償するものがある。
  • 賃貸物件に住んでいて台風被害にあった場合は、まずは現場の状況を写真に残し大家さんに報告すべし。
  • 自宅に停めておいた車が台風によって破損した場合、火災保険では補償してくれない場合が多い。車の破損は自動車保険(台風被害のオプション付き)に加入している必要がある。

 

いかがでしたか?

 

 

そんなの知ってるよ!

 

と思われた方がいらっしゃれば申し訳ございません。ただ、加入している保険の細かい補償内容を全て把握されているという方は決して多くないと思います。

 

この機会に保険内容の確認と、必要であれば見直しを検討されてみてはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
ミライマ
『ミライニナウ』運営者のミライマです!当ブログは少し先の未来を想像して『今から備えなければいけないこと』や『今からワクワクするような未来』についてリサーチ・情報提供を行っていきます。少し固いイメージがあるかもしれませんが『今のうちに知っておくとちょっと得する』情報をお伝えできればと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください